FC2ブログ

2019-06

オーディオストックの登録曲

--------------------------------------------------------------------------------
■最終更新日:2019/06/09
2019/06/09…新規作成、ブログ記事更新

※この記事は一番上に表示されます。最新の記事は一つ下をご覧ください。
ブログ記事のみの更新時にも最終更新日は更新します。

※オーディオストックの登録曲全てへリンクを張っています。
オーディオストック以外の曲も一部含まれています。

※オーディオストックは曲の登録に審査がある為、掲載の都合上で、
本来は1つの曲を複数に分けている曲も一部あります。

※お勧め曲には「お勧め」という表記をしています。
初めて聞かれる方等はまずはそちらをお願いします。

※サンプルの為、オーディオストックというCMの音声が入っていますがご了承下さい。
また、CDと書いているのは、以下で販売している自作CDの事で、
そちらに音声なしのフルバージョンが収録されています。

「メロ重視 オリジナル曲集 Vol.2 ~インスト編~」
http://melody.s500.xrea.com/

※「他サイト等で公開した曲」というのの、自ページは以下です。
・ニコニコ動画
https://www.nicovideo.jp/mylist/42952947
・Youtube
https://www.youtube.com/channel/UC8__SaG3kLnMMKTSFQottyA

また、オーディオストックの自ページは以下です。
https://audiostock.jp/artists/16866

--------------------------------------------------------------------------------
オーディオストックの曲一覧

ショートカット
映像へ合うように作った曲
CD収録曲
他サイト等で公開した曲(CD収録曲や比較的新しめの曲)
他サイト等で公開した曲(古めの曲)
更新履歴
--------------------------------------------------------------------------------



■映像へ合うように作った曲

・プロジェクト名:「焼き物」
https://audiostock.jp/audio/235495
2019年5月作曲、伝統的な焼き物のCMに合うように作った約30秒の和風な雰囲気の
曲です。ヨナ抜き音階の和風なメロディーに西洋風な和声をのっけています。

・プロジェクト名:「世界絶景1」
https://audiostock.jp/audio/235490
2019年5月作曲、世界各地を紹介するような世界絶景のCMに合うように作った
約30秒の曲その1です。CMではナレーション付きで、ナレーションが入る前提で
それに合うように曲を作っています。オーロラのキラキラしている映像から冒頭の
ピアノのフレーズが浮かんだので、そのままピアノソロにしました。

・プロジェクト名:「世界絶景2」
https://audiostock.jp/audio/235492
2019年5月作曲、世界絶景のCMに合うように作った約30秒の曲その2です。

下の「揺れるロウソク1~3」の3曲は、以下の映像に音楽を付けるという試みで
作った曲です。
https://www2.nhk.or.jp/archives/creative/material/view.cgi?m=D0002021033_00000

・プロジェクト名:「揺れるロウソク1」
https://audiostock.jp/audio/235480
2019年4月作曲、寂しい回想シーンの様なイメージで作りました。

・プロジェクト名:「揺れるロウソク2」
https://audiostock.jp/audio/235484
2019年4月作曲、夢の中の様なイメージで作りました。

・プロジェクト名:「揺れるロウソク3」
https://audiostock.jp/audio/235487
2019年4月作曲、1よりも重苦しい、苦しみの様なイメージで作りました。
この3は没になったクラリネットの対旋律が入るバージョンもあるのですが、
そのうちに掲載するかもしれません。
--------------------------------------------------------------------------------



■CD収録曲

お勧め
・CD Tr.01 曲名「メインテーマ1」
https://audiostock.jp/audio/234897
2009年頃作曲、メインテーマの様なイメージで壮大なオーケストラ風な感じの曲です。
管弦楽法をほぼ知らない頃の曲ですが、自分では気に入っています。

・CD Tr.02 曲名「弦楽器とフルートと編入楽器等による曲」(CDでは約4:40)
(曲の主題相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234843
(曲の中間部相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234842
2010年頃作曲、複合三部形式の研究兼ねて作ったオーケストラ楽器による曲です。
掲載の都合で別れてしまった為、曲の再現部相当の部分がありません。

・CD Tr.03 曲名「ダンジョン」
https://audiostock.jp/audio/234992
2009年頃作曲、RPGのダンジョンをイメージして作った曲で、
和声は割と普通ですが、旋律に半音階を多用して少し怪しい感じを表現した曲です。
反復模倣風に追いかける旋律も同様です。

・CD Tr.04 曲名「The Responsible Battle Ver.2」(CDでは約5:10)
(曲のイントロ相当の一部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234743
(曲の1番相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234747
2007年頃作曲、音源データは2013年頃作成、オーケストラ編成的な曲で、
壮大な感じのRPGの戦闘をイメージしてリメイクした曲です。
掲載の都合で別れてしまった為、1番相当の部分までです。

・CD Tr.05 曲名「甲子園のテーマ」
https://audiostock.jp/audio/234994
2013年頃作曲、オーケストラ編成風な短い曲で、
甲子園のテーマをイメージして作った曲です。

・CD Tr.06 曲名「発表会の為の曲2015」(CDでは約3:51)
(曲の1番相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234845
2015年頃作曲、自分のピアノの発表会で弾く為に作った曲で、実際に弾いた曲です。
掲載の都合で1番相当の部分のみで、サビ相当の部分も出てきません。

お勧め
・CD Tr.07 曲名「発表会の為の曲2016」
https://audiostock.jp/audio/234993
2016年頃作曲、自分のピアノの発表会で弾く為に作った曲ですが、
色々と事情があって発表会に出られなかった為、実際には弾かなかった曲です。
哀愁感溢れるピアノソロ曲です。

・CD Tr.08 曲名「街のテーマ1」
https://audiostock.jp/audio/234995
2013年頃作曲、RPGの街をイメージした曲です。
弦楽四重奏+ハープの編成で、弦楽器部分は全パート旋律的に面白くなるように
作りました。全体的にはかなり雰囲気が異なりますが、主題部分のモールIVの和音、
楽器編成等はSFC時代のFF4の「街のテーマ」という曲を参考にしていたりします。

・CD Tr.09 曲名「和声課題風弦楽四重奏 第02番 二長調」
https://audiostock.jp/audio/234748
2009年頃作曲、当時独学で研究していた和声学実習の経験を活かして、
反復模倣を使ったり、全パート旋律的な面白みを出そうと意識して作った気がします。
この頃の方が声部様式を意識して作っていたかもしれません。

・CD Tr.10 曲名「和声課題風弦楽四重奏 第03番 イ短調」
https://audiostock.jp/audio/101966
2009年頃作曲、第02番と同様に作った曲です。
主題部分の出来が今一ですが、それ以外の部分が気に入っています。

・CD Tr.11 曲名「和声課題風弦楽四重奏 第04番 二短調」
https://audiostock.jp/audio/234749
2016年頃作曲、ある程度進んだ和声課題の様に、それなりに長い曲を
目指して作った曲で、一連の和声課題風な曲の中で最も長い曲となっています。
ソプラノとアルトパートが特に歌う感じになっています。

お勧め
・CD Tr.12 曲名「和声課題風弦楽四重奏 第05番 ホ長調」
https://audiostock.jp/audio/234996
2016年頃作曲、倚音を多用して作った和声課題風な曲です。
一連の和声課題風な曲の中では最も気に入っています。

お勧め
・CD Tr.13 曲名「チェンバロと弦楽器による曲」
https://audiostock.jp/audio/234997
2016年頃作曲、美しいクラシック風な感じの室内楽風な曲です。
ちょっと参考にしたのが、クラシックではなく、ゲーム音楽だったりします。

・CD Tr.15 曲名「OLKA ~Original Ver.~」(CDでは約3:32)
(曲のイントロ相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234754
(曲の1番相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234758
(曲の間奏相当の部分のみ)
https://audiostock.jp/audio/234757
2012年頃作曲、民族音楽風が入ったポップスっぽい感じの曲です。
海底の中を冒険しながら進んでいくというイメージで依頼されて作った曲です。
掲載の都合で別れてしまった為、1番相当の部分までです。

-------------------------------------------------------------------------------



■他サイト等で公開した曲(CD収録曲や比較的新しめの曲)

お勧め
・CD Tr.14 曲名「神炎 Ver.2」
https://audiostock.jp/audio/235001
2010年頃リメイクした、オーケストラ調のRPGの戦闘風な感じの曲です。
原曲は2005年頃に作った曲ですが、自分では気に入っています。

・CD Tr.16 曲名「Fight Of Fate Ver.2」
※審査で通らなかった為、ニコニコ動画へリンクのみ(低音質版)
https://www.nicovideo.jp/watch/sm29882668
2005年頃作曲、2013年頃リメイクしして、SFC時代のRPGのボス戦等のドラマチックな戦闘風な曲です。
というかイト〇ン節、ロマ〇ガの戦闘曲をかなり意識しています。
サンプルの為かなり音質を落としていますが、CDではまともな音質です。

・CD Tr.17 曲名「フェアリーレイン ~マリーのテーマ~」
※審査で通らなかった為、ニコニコ動画へリンク
https://www.nicovideo.jp/watch/sm27202569
2016年頃作曲、依頼されて作った曲で、マリーというキャラクターのテーマ曲です。
格闘ゲームのキャラクターのイメージで、参考曲として挙げられたのが東〇の曲です。

お勧め
・CD Tr.18 曲名「スカーレットテスタメント ~リリスのテーマ~」
https://audiostock.jp/audio/234903
2016年頃作曲、上記同様に依頼されて作った曲で、リリスというキャラクターの
テーマ曲です。格闘ゲームのキャラクターのイメージで、クラシカルなロック調の曲です。
いわゆるゴシック的なキャラクターの曲です。

お勧め
・曲名「ヴァイオリンとピアノによるカノン」
https://audiostock.jp/audio/235381
2018年頃作曲、クラシック風な小曲です。
先行のピアノの旋律を、後続のヴァイオリンの旋律が完全に同じ形で1小節遅れて
最初から最後まで追いかけるという、厳格なカノンの形になっている曲です。

・曲名「和声課題風弦楽四重奏 第06番 イ短調(コラール版)」
https://audiostock.jp/audio/235245
2018年頃作曲、音源はコラール風ですが、和声課題風な曲です。

・曲名「宇和盆地のテーマ」
https://audiostock.jp/audio/98782
2016年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲です。

・曲名「雨包山のテーマ」
https://audiostock.jp/audio/99074
2016年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲です。
フルート+ストリングス+ハープ編成の哀愁系な曲です。

・曲名「三滝渓谷のテーマ」
https://audiostock.jp/audio/234922
2016年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲で、
木管四重奏編成の曲です。

・曲名「四国西予ジオパークのテーマ1」
https://audiostock.jp/audio/234909
2017年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲で、ピアノソロ曲1です。

・曲名「四国西予ジオパークのテーマ2」
登録していない事に気付いた為、後日登録予定
2017年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲で、ピアノソロ曲2です。

・曲名「北部宇和海エリアのテーマ」
https://audiostock.jp/audio/235134
2016年頃作曲、クレオフーガで行っていたコンテスト用に作った曲で、
小オーケストラ編成の曲です。
--------------------------------------------------------------------------------



■他サイト等で公開した曲(古めの曲)

・曲名「和声課題風弦楽四重奏 第01番 ハ長調」
https://audiostock.jp/audio/101968
2007年頃作曲、当時独学で研究していた和声学を活かして作ろうとした曲です。

・曲名「哀愁の律動 ~弦楽三重奏版~」
https://audiostock.jp/audio/101969
2007年頃作曲、歌謡曲風な原曲を、弦楽三重奏編成にアレンジしたバージョンの曲です。

・曲名「平和なひととき」
https://audiostock.jp/audio/101973
2006年頃作曲、主旋律+ピアノ伴奏の曲です。

・曲名「ゆらりふらりと」
https://audiostock.jp/audio/101967
2006年頃作曲、主旋律+ピアノ伴奏の曲です。

・曲名「夢語り」
https://audiostock.jp/audio/101974
2006年頃作曲、主旋律+ピアノ伴奏の曲です。

・プロジェクト名:「やる気なし」
https://audiostock.jp/audio/101996
2009年頃作曲、Aメロ部分が核になっていて、意図的に短2度の不協和音を織り交ぜて、
やる気の抜ける感じを表現した曲です。この曲はどこにも公開していないかもしれません。
といってもこちらは遊びで作った曲なので特に聞かなくてもいいですw

--------------------------------------------------------------------------------


■更新履歴

2019/06/09…新規作成、ブログ記事更新


--------------------------------------------------------------------------------

テーマ:音楽 - ジャンル:音楽

オーディオストックへの登録完了

とりあえずオーディオストックへ登録しようと思っていた曲の登録が一通り終わったので、
オーディオストックで公開した曲の一覧を上の記事にまとめておきました。上の記事は
新曲を追加した時等に随時更新していきます。新曲を公開したらツイッターで告知は
すると思いますが、ブログで毎回記事を書くのも面倒なので、毎回は記事を書かないと
思います。下のオーディオストックの自分のページからでも一覧は見られますが、
曲名が分からないと思うので…
https://audiostock.jp/artists/16866

聞いた事が無い曲があれば、ぜひ聞いてみて下さい。特に自作CDに収録した曲は
聞いた事が無い方が多いと思う&自分ではお気に入りの曲が多いかったりします。
中でもお勧めの曲にはお勧めと表記しておきました。こちらだけでも聞いて頂ければと
思います。ただ、そのままだと審査で通らなかった為に、1番に該当する部分しか
なかったり、イントロや間奏等を別曲として分けていたりする曲もあります。

映像に付けた曲については、著作権の関係上、映像は紹介出来ませんが、
簡単に言葉では説明しておきます。最初に作った揺れるロウソクの映像のみ
一般公開しているものだったので、リンクを張っておきました。

オーディオストックは歌物も登録可能なのですが、ボーカロイドは使用不可の為、
自分の作曲した中で登録出来そうな歌物の曲はかなり少なかったりします^^;
コラボ曲の場合はコラボした方にも許可を取る必要があるかもですね。


オーディオストックの審査は曲の末尾を特にチェックしている様で、残響が途切れている
ので最後まで収録して下さいとか、残響のフェードアウトが不自然とか、そういう
チェックに引っかかってリテイクをする事が多かったです。今回登録した曲数が全30曲で、
リテイクをやり直した回数が全22回で、ほとんどが曲の末尾のチェックに引っかかった
気がしますwチェックは機械的なプログラムで処理している様にも、そうでもない様にも
思えました。

また、ループ素材として作るには、あらかじめ音源をループである事を想定しないと
難しい事が今回分かりました。ゲーム音楽のサントラみたいに、繰り返してフェードアウト
して終わる分には問題ないのですが、残響の関係で、単純に繰り返すだけだと、プチって
ノイズがかなりの確率で乗ってしまう様ですね。それで残響処理を考えていない曲だと、
審査で通らなさそうな感じです(曲の末尾のチェックはかなり厳しいので)。DAW上で
繰り返し再生をしたり、データをコピペで繰り返すようにしていると、耳で聞いても
違和感がないし、プチっていうノイズの様なものは起きないので、不思議ですね。
でも再生プレイヤーによってはノイズが乗るし、そういうものかもしれませんね。
DAW上だと繰り返し時にノイズが乗らないような処理をしているのでしょうかね?

中には、自分の耳では判別不可能なノイズが乗っているとか、自分的には違和感が無い曲の
末尾の残響が、違和感があるとかでリテイクを行ったりもしました。基本はソフト音源
のみで書き出しを行っているので、後からノイズが入るとは考え辛いのですが、音源に
よっては、収録されている音自体にノイズが入っている場合もあって、その場合は
目立たないようにするしかないありませんでした。(後は使用音源を変えるか)
末尾で残響処理を行ったために、逆に自分的に違和感が出てしまったのに、
それだと審査でOKだったりして、意味が良くわかないと思うような事もありました。

逆に先頭のチェックは甘いのか、これは少し違和感あるから後でやり直すかと思っていた
曲が、そのまま審査を通ったりしまいました。

更に、自分の作った曲の中で、一番需要がありそうな曲のみが、どうやっても審査で
通らなかったり、やはりよく分からない審査基準だなぁと思います。例えば、
「発表会の為の曲2015」という曲は1曲フルだと審査が通らなかったので、
1番相当の部分だけにしたら、それで審査が通りました。同じ様な感じの曲で、
「発表会の為の曲2016」という曲はそのまま1曲フルで審査が通ったので、
結局審査基準が人によって違うのかなと思えてきます。

まぁ、30曲というのが予想以上に量が多くて、登録にかなり時間と手間は
かかりましたが、とりあえず現時点での登録&告知は一通り終わった為、
後は曲を作ったら、BGMとして使えそうな曲は毎回登録して行こうと思います。
目標は月に最低1曲ですw今月分も現在作曲中です。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

オーディオストック

への登録を始めました。というか、再開したというのが正確な所ですね。
オーディオストックというのは、ご存知の方も多いと思いますが、BGM等の用途の曲を
販売出来るサイトで、利用者は、視聴や、曲の使用権を購入出来るという感じですね。
詳しくは以下のオーディオストックのサイトを見て下さい。
https://audiostock.jp/

大分以前からオーディオストック自体は知っていて、数曲登録した事もあるのですが、
登録が面倒になったりして、途中で辞めていました。そもそもオーディオストックは
曲の登録に審査が必要で、その審査基準が不明で、かなり力入れて作った力作が審査で
通らなかったり、逆に適当に2、3時間で作った曲が審査で通ったりして、明確な審査基準も
公表されていないので、そこがよく分からないのも辞めた原因だったりします。
当時力作が審査通らなくて、へこんだりしたので…
正確に言うと、ノイズが入っているとか、末尾の残響が切れているとかいう理由の場合は、
そのような理由を教えてくれるのですが、そうでは場合で、
"品質が基準を満たしていないためオーディオストックでの掲載を見送らせていただきます。"
という連絡が来ることがあって、この品質の基準というのがかなり謎だったりします。

その審査基準は、経験上の想像ですが、恐らく、
・曲の良し悪しで判断している訳では無さそうという事
・音質の良し悪しで判断している訳では無さそうという事
(ただ最低限の水準はありそうで、極端に悪いと多分落とされる)
・審査を担当した人によっても結果が異なるかもしれないという事
(ただ、仕組みとして1つの曲を複数人がチェックしている可能性はある)
・BGM向きの曲の方が審査で通りやすそうだという事
かなと思います。

なので、審査で通らなくても、オーディオストック向きの曲ではなかったというだけで、
仕方が無いと思われます。少なくとも、曲の出来が良いから審査で通った、
曲の出来が悪いから審査で落ちた、という訳では無さそうです。
最近の例でいうと、上記の品質が基準を満たしていないためという理由で
通らなかった曲を、試しに、イントロ部分、メイン部分、間奏部分と、3つの曲へ
分けて審査に通したら、審査で3曲とも全て通ったので、恐らく曲調が
大きく変化する曲等も審査で通りにくいのかなと思っています。
もちろん、音楽としてはそれはありだし、オーディオストックのサイトでは
そういう曲はBGMとして扱いにくいという事なのだと思います。
(どちらにしても、この文言だとショックを受ける人がいると思うので、
文章を変えた方が良いと思うのですが^^;)

とまぁ、そんな感じ(?)のサイトなのですが、最近作った、30秒程度の曲を
眠らせておくだけというのも何かもったいない気がしたので、審査で通れば
オーディオストックで販売する事にしました。

まぁ今まで約2年間少々、合計10曲置いておいて、通算1回売れただけなので、どうせ
売れないだろうと思っているのですが、曲をアップしておくサイトとして使うのも
いいかなという感じです。また、いい機会だし、そろそろ時間も立つので、以前出した
自作CDの曲も、BGMとして使えそうなもの等一部は、オーディオストックにちょくちょくと
アップしています。ただ、曲をアップする都合で、区切り等の調整の為、若干編集・
編曲している場合もあります。上で書いた様に、審査で通すために、分けたりして
いる場合もあります。一応曲を聞いたことが無い方は、サンプルとして
曲を聞けるかなと思います。

審査中の曲が登録されたら、ツイッターでも少しずつ紹介していく予定です。
また、登録予定の曲の登録が一通り終わったら、別記事にまとめてリンクを張る予定です。

という事で、オーディオストックの登録を再開したという記事でした。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

近状等

初のGWでの10連休ももう終わりですが、皆様、いかがお過ごしでしょうか。
久しぶりの日記の更新、というかいつもこんなものですが、近状等書いておきます。

今年入ってからは、仕事の方で異動があって、以前より忙しくなった事もあり、
音楽はあまり出来ていません。何事もそうですが、やはり慣れない事をするには
パワーが必要ですね。

去年から習い始めたボイトレの方も、先月で休会しました。一応3カ月後に復帰予定と
していますが、このままの仕事等の状況が続くようなら、そのまま退会になると思います。
ボイトレは近所迷惑になる可能性がある為、基本21:00以降は練習しないと自主ルールを
決めていたのですが、残業等をすると帰りが遅くなって、21:00までに練習出来なくなって
しまいます。まぁどうしようも無い事ですが、音が出る楽器等はある程度環境が無いと
練習出来ませんね。そもそも全力で声出して練習するわけにもいかず、普段から抑えつつ
練習していたので、あまり練習効果が出なかった面もあるのですが、歌の披露は
当面お蔵入りしそうです。一応約半年やっていたので、始める前よりかは歌の発声が
出来るようになったかなという実感はあります。それでもカラオケへよく行ったりして、
上手く歌える人のように声を出せませんが…

作曲の方は、最近Skypeでの月一レッスンを始めました。それで先月から映像に曲を付ける
課題をやって、見てもらったりしています。今の所はTV等のCMの約30秒の映像に曲を
付けているのですが、これが結構面白いですね。まぁ最初は対位法を見てもらうつもりで
始めたのですが、なぜかその流れからそういう課題をやることになりましたw

もともとゲーム音楽に興味をもって作曲を始めたタイプの人間なので、クラシックを除く
自分の好きな作曲家の約8割程度は、劇伴をメインに作っている作曲家だったりします。
劇伴というのは、ゲーム音楽、映画音楽、アニメやドラマのBGM、TVのBGM、演劇の音楽
等等、伴奏音楽全般を指す言葉ですね。CMのBGMなんかもこれに入ると思います。
歌物も別に嫌いではありませんが、劇伴的な音楽の方が歌物よりかは自分の強みを
活かせると思うので得意だし、やはり何より作っていて楽しいですね。歌物はどうしても、
実際に誰でも歌える事を考えるなら、メロディーの音域が、1オクターブと1音か2音程度と
狭くて、自分で書きたいメロディーが書けない事が多かったりします。ボカロや、
音域が広い人を想定して書くならいいのですが。それに対して劇伴は楽器でメロディーを
担当するので、その制約が歌よりかは広い場合がほとんどの為、割と自由に作れます。
メロディーを作る事が何よりも楽しい自分にとっては、その差は結構大きかったりします。

まぁ完全に趣味の範疇ですが、もともとはゲーム音楽(広く言えば劇伴)を作りたかった
人だし、これからの時代は、ポップスやメジャー物でなければ動画に音楽を付ける
とかいうコンペ等もあるかもしれないので、やる気があるうちはしばらくやっていくつもり
です。とはいえ、仕事との兼ね合いで続けるのが辛くなってきたら、辞めるとは思います。
去年年末に立てたコンペへ参加するために事務所を探すという目標はどこへ…って
感じですが、仕事で異動があった為、予定がかなり狂ってしまっています^^;
(ついでにソーシャルゲームのロマサガRSにはまっているのも原因の一部という説w)

作った曲は、公開してもいいのですが、そもそも映像があってこその曲の為、
曲単体で聞いても、音楽でやろうとした事が何も伝わらないかもしれません。
また、映像の方には著作権がある為、映像付きでの公開は出来ないと思います。
曲だけなら公開出来ますが、今の所作っているのは約30秒程度と短い曲なので、
需要がほぼ無いと思われる為、ここでは公開しないと思います。ある程度以上の長さで、
普通に鑑賞に堪えられそうな曲を作ったら、公開していくかもしれません。

まぁ約30秒とはいえ、一応せっかく作った曲なので、別の用途で使う予定で、
それについては現在準備中で、次回記事を書きます。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

OK Musicが閉鎖との事で

曲の投稿でお世話になっていた、OK Musicのサイトが閉鎖するとの事で、
最後に1曲投稿して来ました。
曲自体は、一般公開はしておらず、自作CDのみに収録している曲ですが、
投稿したのは自分が実際に2015年の発表会で演奏した音源です。

https://creators.okmusic.jp/works/89951

下手な演奏ですが、演奏版は、閉鎖するまでの期間限定で、ここでしか聴けません。
そのうちにページも開けなくなると思われます。
もしよければ、お聴き下さい♪


テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

2018年の音楽活動等を振り返って

今年も残り後2日なので、2018年の音楽活動等を振り返ってみます。
音楽とはほとんど関係がないのですが、今年の前半は、この10年間で1、2位を争うぐらい
自分にとって凹む事がありまして、その影響で音楽から離れていました。
後半に入り、ようやく立ち直って再開して、対位法を久しぶりに行っていました。
カノンの研究が中心で、今年公開した曲もそういう曲がほとんどでした。
結局曲名を付けて完成した曲が、5曲、うち2つは対位法の課題の様な曲なので、
実質3曲程度でした。前半の影響が大きくて少ないですね。しかも1曲以外は短い曲でした。
曲としては作っていなくても、対位法は課題を実施したり、実施例を分析したり、
割と修行した気がするので、ある程度身に付いた部分もあるかなと思います。
その分曲作りしているのが少ないのが、毎年のことながら問題なのですが^^;

今年後半には歌の為の発声練習を始めたりもしました。普段歌わないせいか、
歌を歌らしく歌うっていうのは難しいものなのだな、と改めて感じました。
発声が難所ですね、3カ月ぐらい練習していますが、なかなか上達していない気がします。
ここを突破できる前に辞める事になるかもです^^;
このブログも、1年単位で見たらかなり更新した方だと思います。

来年は曲作りをメインに進めて行きたいですね。特に、コンペ活動の復帰をしたいと
思っているので、ポップス中心に作って行きたい所です。まずはデモ曲を作って事務所を
探すところから始めないとなぁという感じです。同じ様な事をなんか去年も書いたような
気がしますがw、今年は前半の影響で結局1度もそういう活動はしなかったので、
1年間持ち越しになってしまいました。まぁポップスを作るスキル、具体的には
アレンジやミックスも上げないと、そもそも通じない気がするので、そちらも並行しつつ
やって行きたいなという所です。

ちなみに、コンペ活動始めると必要になる為、無償で、作詞と、女性で歌入れをして
頂ける方は常時募集しています。もしも興味がありましたら、ご連絡下さい。

そんな感じで、簡単に今年の反省と来年の目標を書いてみました。
また、完治はまだ遠いですが、体調の方も大分良くなっている感はあります。
無理するとまた体調崩しそうなので、ぼちぼちとマイペースでやって行きたいですね。

それと、今後ブログはしばらくお休みする予定ですので、次の更新の予定はしばらく
ありません。もしも訪問されても何もないと思われます^^;

それでは、今年一年、お付き合い頂き、ありがとうございました。
皆様、良いお年を(^^)/

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

新曲「ヴァイオリンとピアノによるカノン」公開


今年最後になる、新曲公開しました。曲自体は今年8月頃に完成していて、その頃に
研究していた、2声の平行カノンのまとめ的な曲を作ろうと思って作った曲です。
それを最近少し打ち込みしたり、楽譜動画作ったりして、データを完成させました。
この記事も8月頃に書いたものを編集しています。

曲はA→B→A'形式で32小節程度の長さですが、タイトルの様にカノンになっています。
(カノンについて知らない方は過去記事参照下さい)
この曲は、始まりから最後まで、先行のピアノの旋律を、後続のヴァイオリンの旋律が
1小節遅れで完全に同じ形で追いかける、厳格なカノンの形になっています。
"組曲「2声の平行カノンによるエチュード」"では無伴奏でしたが、今回はピアノの
伴奏付です。また、公開した動画は全パートの楽譜が付いています。

課題的な側面をある程度含んだカノンとは違い、この曲は短い作品として作ったので、
大分自由に書きました。なので、修行の為にある程度制限を付けていた、
以下の事項等を開放しています。
-8分音符の使用を控える
-8部音符の使用法の制限(8部音符で跳躍の禁止等)
-借用和音の使用を含む、他調への転調
-曲の長さ(9~11小節以外も可能)
-声部の交叉
-バスとしての声部(伴奏が別に付くので、2転の禁止等が解除される)
-似た音型を避ける
等等

また、カノン声部において連続5度等の禁則違反等が一部出てきますが、作品なので
無視しています。今回は"美しいカノンの旋律を作る"という点を重視して作りました。

今回苦労した点は、初めて最初から最後までカノンで3部形式的な普通の長さの曲
として作ったので、特に終止付近で、先行の旋律が終わった後、後続の旋律が続く為、
それに合わせてもう一度終止的な処置が必要になる点が苦労しました。特に
転調する場合は、後続の和音と先行する声部の旋律の一部をある程度合わせたりする
必要がある為、対応に色々と苦慮しました。

カノンの課題では終止部分(V)の旋律に、響きを充実させる為等の理由で、導音を
含む事が多々あるのですが、伴奏付のカノンの場合は、第3音は伴奏パートに任せて、
導音を含ませない方が良いのかなぁなんて思いました。
後続の声部で処置が面倒になるので。まぁ今回の反省点の一つです。

後、楽節を何小節で書くかという点で色々と考えさせられる事が多かったです。
カノンの課題は訓練の為、9~11小節(多くは10小節)で書いていましたが、
感覚的には8小節がやはり一番馴染みがあるんですよね。ポップスとかは
8小節か16小節が圧倒的に多いですしね。

それとこの曲は、実は最初は8度のカノンとして作っていたのですが、旋律が大体
出来た頃になって、それだと後続の旋律の音域が少し低いという事に気が付いて、
後で1オクターブ上げるという事をしました。その結果として、交叉が生まれたり
しています。連続5度も、元々は連続4度という、バス声部との関係でなければ何も
問題のない音程だったのですが、1オクターブ上げた結果として生じてしまいました。
簡単に直せそうな所は直したのですが、そうでない所は、それからの修正による
影響範囲が広くて大変そうだったので、無視して行く事にしました。
最初から同度のカノンとして作っていれば避けられたかもしれませんね。

訓練としての2声のカノンの課題では、ソプラノ声部とバス声部で書く為に、
バスをカノンとして書くという面から、2転を感じさせる旋律は禁止という所で、
旋律の取りうる可能性が大分少なくなってしまうのですが、今回は伴奏付きで、
バス声部をカノンにする必要が無いという事で、旋律の取りうる可能性が
多くなり、比較的カノンとしては作りやすかったと思います。転調等もバスがカノン
声部にあると難易度は上がりますが、それに比べればしやすかったと思います。

とは言え、正直作るのが難しくて、丸丸2日程度かかりましたが、それなりに面白い
曲にはなったかなと思います。(というか自分の中ではかなり良い出来のつもり)
曲の区切りが、もしかすると一度聴くだけだと、少々分かり辛いかもしれませんが。
転調したりしなければ、もっと簡単に作れると思うのですが、西洋音楽的な面白さ、
内容を求めたら、やはり転調しないと面白くないかなという事で、苦労しても
頑張ってみました。解釈は色々可能ですが、一応ニ長調→ロ短調→ト長調→
イ短調→ヘ長調→ニ短調→ニ長調…という感じですね。
一応遠隔調まで出てきますが、調性的には割と関連性のある、近めの調性しか
使っていないので、転調自体は自然な感じかなと思います。

こういう曲は、和声学だけ知っていても作れないし、対位法(カノン)だけ
知っていても作れないタイプの曲なのではないかと思います。まぁ逆に言えば、
和声学と対位法の両方を身に着けていれば、誰でも作れるかなという事になります。
ただ、知識として知っている程度では不十分で、感覚として習得している必要はあると
思います。どちらも習得には本気でやってもそれなりに時間がかかるかなと思います。
(一から始めたら数年はかかる)もちろんこういう曲を作るという点に絞れば、
そんなには時間はかからないと思います。


言うまでもなく、この曲の聞かせ所は、ピアノとヴァイオリンの旋律が追いかける
様子です。2つの同じメロディーが少し遅れて聴こえてくる感じを楽しんで頂ければと
思います。動画の楽譜を見ながら聴くとその感じが分かるかなと思います。
こういうスタイルで曲を作るのも面白いので、今後こういう曲もたまには
作りたいですね。

もしも、この曲に歌詞を付けたい!、なんて方がいらっしゃいましたら、
メロディー部分(最後の方のオクターブ奏法の所は無理ですが)はそのままで
ボカロに変更して移調して歌わせるので、ご連絡下さい。楽譜データ等をお渡しします。
(カノンという性質上音符の変更は不可能です)カノンに歌詞を付けると、
先日公開したカノンの歌のイメージに近い形になるかなと思います。
移調して音域を下げれば、弾き語り用の曲としても歌えるかもしれませんね。
(ピアノパートはあまり弾きやすいタイプではないですが^^;)

ちなみに、おまけとしてこの曲からヴァイオリンパートを抜いた、
ピアノソロバージョンも以下に公開しています。カノンとして作ったので、やはり
ヴァイオリンが入っている方が面白いと思うのですが、ピアノソロとしても一応
曲としては成り立つと思うので、聴けるとは思います。



OK Musicではこちらのページで公開しています。しばらく曲の公開は無さそうですが、
ではでは、今年最後のこの曲、楽しんで頂ければ幸いです。

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

ボイトレ始めました

ちょっと歌う事に興味持って、10月頃から、ボイストレーニング、
いわゆるボイトレを始めてみました。

この前公開した、カノンの歌で、歌入れに挑戦したののも大きい原因の一つで、歌入れに
興味を持ちました。ただ、元々カラオケに行く方ではないし、完全に歌う感覚を忘れて
いました。でも小学生ぐらいまでは歌うのが好きで、楽譜を持っている、好きな曲をよく
歌っていた覚えがあります(ポップスは当時あまり興味なかったので、学校の音楽の
授業で扱われる感じの曲とか)。ただそれも、声変わりしたぐらいを境に、高い声も
出なくなって、歌への興味も失ってしまいましたが。聴いて覚えた好きな曲の
メロディーをピアノで弾くのを良く遊んでやっていたのですが、当時黒鍵がたくさん
出てくる曲は弾けなかったし、調性という概念も分かっていなかったので、弾ける曲は
限られていました。

まぁ、一応幼少の頃ソルフェージュ+ピアノやっていたし、今も音楽しているので、
音感は悪い方ではないと思うので、音程はそんなに問題ない(自分で音外したと分かる)
のですが、歌うには何より発声の仕方、声帯のコントロールが必要になってきます。
歌っている人の中には声帯を鍛える為、ボイトレを行っている人もいる様です。

最終的に、自分の曲を自分で歌入れ出来ればいいなぁなんてたくらみがあったりします。
ただ、歌ってみたみたいな別バージョンで出すかもしれませんけど。
カノンの歌も再挑戦したいですねw

また、コンペ等へ出す曲は、歌が入っているデータ以外は通過率が極端に低い
らしいので、もしも今後またコンペに参加することになった場合、
男性曲なら自分で歌入れする可能性がある事等も考慮しています。

最初は独学でやろうと思いましたが、時間対効果も考えて、ボイトレを教えている所へ、
月2程度でレッスンに通う事にしました。自分は割と、独学よりかはその道の専門家に
習った方が、時間対効果的に高いという考え方してますので。

まぁもちろん歌のプロ目指している訳ではないし、趣味兼ねてやるだけなので、
いつまで続くかは分かりませんが、1年程度を目標に、続けてみるつもりです。
今は基礎の基礎の発声練習をしていたり、自分で決めた課題曲を歌っていると
言った感じですが、意外と声出すのも楽しいですね^^普段仕事であまり喋らない
からかな^^;毎日30分程度を目標に、少しずつ発声練習しています。ただ、実際に
毎日練習は時間的に厳しいし、話さない仕事の人は話す仕事の人よりも、声帯が
普段使われていない為に、訓練が必要なようで、上手くならないまま途中で、
ある時突然辞めるかもしれません。

歌を披露出来る日が来ればいいですねぇ(^^;
まぁ誰も聴きたいなんて人はあまりいないでしょうがw
男性ボカロよりも人間らしく歌う事を目指していますw
気が向いたら、ボイトレの事も記事に書いて行くかも?です。

テーマ:カラオケ - ジャンル:音楽

ポップス作っていきます

ここ数か月、カノン等、対位法ばかり研究していたりしましたが、一度ここら辺で
終了しようかなと思います。まぁクラシック的な作曲は完全に趣味で行っているし、
需要の絶対数が少ないだけに、そういうのが仕事になる事はまず無いと言っていいと
思いますので。クラシック方面はやりたくなった時に、またいつでも再開すれば
いいかなと思います。

副業等、作曲での仕事を意識するなら、世の中の商業分野での需要が比較的高い、
ポップス等を作っていく必要があると思うので、今後そちら方面の研究や作曲等を
中心に行って行こうかなと思います。

まぁ本当はポップスよりか劇半(BGM等)の方が興味があるのですが、正直本職以外で
やるには厳しい世界だと思いますので(仕事の絶対数が少ないので、副業では難しい)。
幸いな事に(?)、ポップス方面も、自分にとって好きか嫌いかで分けるなら、
好きなジャンルです。

作ったポップス曲等は、今後コンペに出す可能性がある事を考え、一般公開は行わない
つもりで、いわゆるストック曲にしておくつもりです。ただ、コンペ向きではない曲、
単純に練習目的で作った曲、気に入っていない曲、コラボ曲、インスト曲等は
今後も公開・投稿していくかもしれません。


また、今までコード理論はコードネームとかを何となく知っている程度で、あまり良く
知りませんでしたが、本格的にかじってみようかと思っています。和声学でも
出てきますが、コード理論で3和音と同様に扱われる、長7の和音、テンションコード等が
正直あまり好きではないのですが(多分前後関係や作風等にもよる)、
研究しているうちに好きになるかもしれないし、今の時代の、世の中で求められている
ポップスを作るなら必要だと思うので、研究しようと思いました。

といっても、それで曲作りが進まないのもいかがなものかとは思うし、クラシック寄りな
物以外のアレンジや、ミックスが自分は得意とはとても言えないので、主にアレンジ・
ミックスに力を入れつつ、研究していきたいところです。それに対位法的な対旋律の
ストリングスアレンジとかは得意分野なのですが、今までそれに頼りっぱなしだった
という面があるので、今後は逆にそれに頼らないアレンジを模索して行こうと思います。

音楽的に言えば、コンペ用の曲よりもこちら等で公開した曲の方が面白いとは
思うのですが、自分の書きたい曲を書くというのは趣味で、自分で好きではなくても、
自分でつまらないと思っても、何よりも求められる物を作るのが仕事だろうなぁと
思います。


という事で、最近は割と頻繁に更新していましたが、ブログの更新ペースも元に戻ると
思われます。(目標は数か月に1度程度?)

そういえば、1曲公開しようと思っていた曲を放置していました。
こちらはそのうち(今年中)に公開予定です。では、よろしくお願いします。

テーマ:音楽的ひとりごと - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

サイトメニュー

Twitter


カテゴリ

楽曲公開 (25)
作曲関係 (12)
DTM関係 (4)
レッスン関係 (13)
サイト関係 (25)
その他 (8)
未分類 (0)

最新記事

プロフィール

メロ重視(旧:SSNULL)

Author:メロ重視(旧:SSNULL)
アマチュア作曲家です。
メロディーとハーモニー重視の曲を作っています。良い曲を
作る為、日々鍛錬しています。

最近作った曲の一部は以下で公開を行っています。
ニコニコ動画
YouTube

リンク集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ