2010-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

液晶ディスプレイ

 最近使用している機材についてですが、
DTM関係のものは以前の日記で書いたものから大体変更は無いのですが、それまで長年使っていたCRTのディスプレイの色が正常に移らない事が起こるようになり、壊れてしまったようなので、1ヶ月ぐらい前に買い換えました。
 今までCRTを使っていたぐらいなので、液晶ディスプレイを使うのが実は
初めてなのですが、安く買えるようになったものですね。

 色々と迷った結果、今回デュアルディスプレイを導入する事にしました。商品はIIYAMAのProLite B2409HDS-B PLB2409HDS-B1というものを2台購入しました。(今見たら買った時より更に1500円ぐらい安くなってますね…)
 今まで使用していたCRTのディスプレイの解像度が1280*960ぐらいだったので、今回1920×1080となった為に大幅に増え、また、DTMの作業効率向上が期待できそうという目的もあり、デュアルディスプレイを導入しました。

 今の管理人の実際のPC机周りはこんな感じです。

PCラック上部
PCラック上部
PCラック下部
PCラック下部

また、DTMで使用しているCubaseを起動させてみると、こんな感じで作業が出来ます。(これで何の曲か分かったら凄い(ォ))
Cubase1
Cubase1
この商品、面白い点の一つにピボット機能といって、90度回転が出来るのですが、その状態で並べるとこんな感じになります。
Cubase2
Cubase2
Cubase3
Cubase3

 使ってみて、やはり作業領域が増えたのはこんなにも違うのかと体感するほど、DAWの作業効率が上がったような気がします。今までは、何か開くたびにウィンドウをどかしたりしなければならず、はっきりいって面倒だったのですが、たとえば右画面は開くウィンドウ専用等としておけば、作業に集中出来るようになって、効率的にになったと思います。
 ただ、欠点は、液晶に慣れていないためか、ただ単に自分には合わないのか、そういう製品なのかは不明ですが、以前よりも目がかなり疲れるようで、最近視力が落ちたように感じます。平気な人は多分大丈夫なのでしょうが、自分は恐らくもともと目が弱い体質なので…CRTはそんなに疲れなかったのですけどね…

 ちなみに、PCはWin7機とXP機の2台使用しているので、片方はDVI、片方はRGP+CPU切り替え機と切り替えつつ、繋げています。
 いくらDAWの製作環境が良くなっても、MIDIデータを作成している作曲する段階ではあまり関係ない話なのですが^^;
スポンサーサイト

«  | ホーム |  »

サイトメニュー

Twitter


カテゴリ

楽曲公開 (14)
作曲関係 (5)
DTM関係 (4)
レッスン関係 (12)
サイト関係 (18)
その他 (8)
未分類 (0)

最新記事

プロフィール

メロ重視(旧:SSNULL)

Author:メロ重視(旧:SSNULL)
アマチュア作曲家です。
メロディーとハーモニー重視の曲を作っています。良い曲を
作る為、日々鍛錬しています。

最近作った曲の一部は以下で公開を行っています。
ニコニコ動画
YouTube

リンク集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。