2014-11

ピアノレッスン_2014年11月②

先日の日記の続きで、どんな事をやっているかという話です。

・コード理論
こちらがある意味ではメインと言えるのかも知れませんが、ピアノ伴奏を付けたり、
いわゆる即興演奏、モチーフ即興みたいな事をする為のコード奏とかのレッスンです。

自分の場合は音楽理論的な知識は持っているという事で、省略・ざっと確認程度で、
今は弾く練習を主にしています。とりあえず、全ての調で、音階(スケール)と、
I→IV→V/I→V→I、
I→IV→V/I→V7→Iのカデンツ(コード進行みたいなの)を弾いています。

これは相当昔、音楽理論の勉強をまともに始めた頃に独学でよくやっていましたが、
もうすっかり指が忘れていて、弾けなくなっているので、現在再度練習しています。
昔よく使っていたサイトで、「音階を制する者は作曲を制する」なんて言葉を見た
気はしますが、確かに分野によってはその通りだなぁと思う事はよくあります。

他にも、コード付けとかをやっています。有名な曲、例えば童謡等のメロディーに、
別のコードを付けるって感じですね。
いわゆる鍵盤和声、キーボードハーモニーなんて呼ばれ方もあると思います。
これの似たようなものが和声学、というか、和声学を簡略化したのが
コード理論というか。
(簡略化というと誤解がありそうですが、コード理論の方が簡単という意味では
ありませんので、念の為。作られている理論体系の目的がそもそも違うので。)

和声学の課題の実習の様に、厳格な規則を守って、時間をかけてもしっかりと
解くという訳では無く、こちらはぱっとコードを付けるという感じです。
細かい規則等もあまり無いという感じなので(汚くなければそれでいい)、
即興性の方が求められるのかも知れません。
これはこれで、実際のポップス等の作曲のコード付けに近い感じで、楽しいものです。

扱っているメロディーは著作権が切れたものもありそうなので、もしも機会があれば
(or もし需要がありそうなら)簡単に編集してここで公開してみるかもです。

と言った感じで、コードを主に弾く練習もしています。

ポップスのみ手軽に作曲したい人は、和声学を学ぶよりも、コード理論を
学んだ方が手っ取り早いかなと思います。(和声学は良くも悪くも内容が
専門的過ぎるので、専門的に学んでみたいという人には良いのですが)

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

サイトメニュー

Twitter


カテゴリ

楽曲公開 (14)
作曲関係 (5)
DTM関係 (4)
レッスン関係 (12)
サイト関係 (17)
その他 (8)
未分類 (0)

リンク集

最新記事

プロフィール

メロ重視(旧:SSNULL)

Author:メロ重視(旧:SSNULL)
アマチュア作曲家です。
メロディーとハーモニー重視の曲を作っています。良い曲を
作る為、日々鍛錬しています。

最近作った曲の一部は以下で公開を行っています。
ニコニコ動画
YouTube

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる