FC2ブログ

2017-12

2017年の音楽活動、コンペ活動について等

どうもお久しぶりです。
今年も残り僅かなので、今年の音楽活動について等を書いてみました。
ブログも今年最後の更新です。というか、いつものことながらブログは数える程度しか
更新していませんね^^;(多分過去最低クラスの更新頻度w)

今年上旬辺りはピアノソロ2曲作って、某音楽投稿コミュニティサイトへ通ったりして
遊んだりしていました。

中旬辺りは仕事環境の変化等で記憶がない(要は音楽はなにもしていなかったw)
のですが、下旬辺りからは某音楽事務所に所属して、作曲コンペへ参加したりしていました。

今年の作曲数は、2曲+十数曲ぐらいです。コンペへ出す曲は、基本1コーラスでOKなので、
これを完成とみなして作曲数とするかは難しい所なのですが、フルコーラス版は作らずに、
このまま完成版とする事もありえると思うので、作曲数として数えると、自分にとっては
1年間での過去最大数となりました。


今年9月頃からはじめた、作曲コンペに参加してみての感想ですが、実際に活動してみると
やはり色々と思う事はありました。事前に分かっていた事ではあるのですが、やはりコンペで
通すのは相当難しいなと。

案件は、求めている曲の内容や、参考曲等が示される事が多いのですが、参考曲を
聞いて感じることは、今の音楽業界は自分の求めるような、良いメロディー・コード進行が
圧倒的に少ない、求められていないのだなと改めて感じました。

自分が求めている様な、良いメロディー・コード進行というのは、クラシック
(主にバロック~ロマン派ぐらい)が好きな影響で、
コード進行的に言えば、古典和声学の課題の様に自然で美しい響きを持った和音進行に、
対位法的に言えば、退屈せず、「線」を成していて、自然な動きのある面白い旋律、
楽式論的に言えば、モチーフ(部分動機)を活用した覚えやすい、印象に残りやすい旋律、
で、それらをある程度満たしている様な曲という感じになるのですが
(要はクラシックの名曲的なメロディーや和声学の課題の様なメロディー)、
やはり商業音楽という特性からか、そういった曲に出会う事は少ないなというのが感想です。
もちろん全部が全部とか言うつもりは全くありませんが、端正で美しいメロディーを
求めている人が求めるジャンルでは無いかなぁなんて感じます。

もちろん、全てではないにしろ、その道の本職の方が作っている事が多いだけあって、
アレンジやミックス面では、流石に上手いな、こんなのはとても作れないなと思うような曲も
多い(というかほとんど?w)のですが、
メロディー・コード進行の面では、自分にとって本当に良いと感じる曲は少なかったです。

中には酷いのもあって、明らかに音楽的に不自然、気持ちが悪い、と感じる様な部分がある曲
すらありました。最初から音楽的にそういうものを狙っているなら、通常そうは感じない
のですが、音楽初心者が作ったのか、その特殊効果を狙っていないと思われ、これは
音楽的にありえないなと。その曲はコンペで募集して通ったと思われる曲だったりするの
ですが、コンペで曲を選ぶ人達も、音楽未経験者な場合も多いので、そういう音楽的に言えば
問題のある曲がコンペで通ってしまうのは、仕方が無い事なのかなぁと思います。
しかもそういう曲でも、商業音楽の分野では、音楽以外の様々な外部要因によって、
人気が出たりしてしまう事は良くあるものだと思うので。
恐らくまともに音楽活動をした事のない人には何が悪いのか、分からないかもしれませんが、
音楽を多少は学んだ事のある人なら誰でもおかしいと感じると思うし、コンペで通る為と
言う理由だったとしても、間違っても自分はそういう曲は作りたくはないですね。

ちなみに、自分は好きな曲、気に入った曲を買ったりしてiTunesに入れて、いつでも
聴けるようにレートを付けて管理・コレクションしたりしているのですが
(お気に入り曲は1000曲以上あり)、今年参考曲として聞いた、60曲程度?の中で
その中に入れたいと思ったのは、2曲程度しかありませんでした。
(その全体の中でポップス系の割合は1、2割程度です。)
自分的にはいくらアレンジや、音・ミックスが良くても、メロディー・コード進行が
気に入らない限り何度も聴きたくなるような、本当に好きな曲にはならないの
ですよね(一部除いて)。今の、音楽や人の好みが多様化した時代に、2曲も
気に入った曲があればいい方とも言えるかもしれませんが、やはり根本的に
自分の感性と商業音楽で求められている音楽はタイプが違うのだろうなと
感じぜずにはいられませんでした。
「良いメロディーを求めてます」なんて案件で、参考曲を聴くと、全然良いとも
思わないし、どこが良いんだ?と思ったり、つまらないメロディーだなと
感じてしまう事が多いんですよね。
サビだけ印象に残っても、AメロとBメロが死んでいたり。
個人的にはサビが印象的でもAメロやBメロや前奏がつまらなかったら
あまり興味ないので。(コンペではサビさえ良ければAメロBメロが面白くなくても
OK的な雰囲気を感じましたが)

逆に、そういう案件を出した人に自分の作った曲を聞かせても、
恐らく良いとは感じないのだろうと思うし、やはり感性が違うのだろうなと思います。

自分の作る曲はもちろん、上の方で書いた様な自分にとっての
良いメロディー・コード進行を意識して作っていたりするので、
曲によって出来の良し悪しや好みはあれど、そういうのが好きな人は
気に入る曲もあるんじゃないかと思うのですが、
(自分と感性が近いと感じる人は是非CD買ってみてくださいw(宣伝1ですw))
そもそも感性、好みが遠い人に聞いてもらっても、良いと思わないのは当然だと思います。

今の音楽業界で求められていない様なメロディー・コード進行を作っても、
コンペで通すのは難しい。なので、まずメロディー・コード進行の「好みの面」、
「時代的な流行りの面」等でコンペに通るのが難しい、そして、アレンジやサウンドの
クオリティで自分も未熟な面が多いし、本職ではないので制作時間的に厳しく
あまり作り込めないまま提出する事になってしまうので、こちらでも太刀打ちできない、
何より、仮歌を入れずに出している時点でコンペでは通り難いのに、それもどうなのかw、
といった感じで、コンペに通すのは本当に難しい、というか現状では無理w
と感じる活動でした。

まぁ、どうせ通らないだろう、万が一通ったらラッキーぐらいの気持ちで始めたので、
あまりそこにこだわっても仕方が無いとは思っているのですがw
自分は音楽の好き嫌いとかが多いし、やはり自分の好きな音楽をやりたい気持ちが
強いので、何よりも、求められる曲を作るのが仕事の職業作曲家には向いていない
のだなとつくづく思います。自分自身でつまらないと思う様なジャンルの曲でも、
何でも書ける人というのは、自分には無理なので、凄いなぁと思います。


来年の活動予定ですが、ストック曲を増やす意味でも、もうしばらくはコンペに挑戦して
いきたい気持ちはあるのですが、今所属している音楽事務所だと、長期間いればいるだけ、
代わりに出ていく物(要は「¥」w)があるので、今年いっぱいで辞めることにしました。

その為、来年はとりあえず次の音楽事務所を探す活動をしようかなと思っています。
今度は長期間マイペースで活動出来るような所を探したいですね。
どなたか、どこかいい所知っていたら教えて下さい(ぉ

それとは別に、やはりポップス系の曲ばかり作っていると、飽きてくるし、
そもそも本当に自分がやりたい音楽はポップス系ではないのだなと改めて
感じて来るので、そちらもぼちぼち再開していこうかなと思ってます。

もちろんポップス系の作曲に興味が無いわけではありませんが、
去年出したCDで言う所の、Vol.2のインスト編に入っている曲みたいなのが、
自分の本当にやりたい音楽なのは確かなので。
まだ購入されていない方はCDの方もぜひ購入してみてください(宣伝2ですw)。
2016年までの自分の全てが詰まっているつもりです。


今年はなんだかんだでブラックフライデー~クリスマスセール辺りで
制作用の器材(DAWとか音源とかプラグインとか)を色々と衝動買い
してしまったので、お金だけはかかった1年でしたw金欠です…

そんな感じ(?)で、今年の反省(?)と、来年の予定(?)でした。

ちなみに以前から苦しんでいる体調不調の方は、毎日飲んでいる
薬の効果もあってか、一年全体を見ればまぁまぁ落ち着いていたと思います。
良くもなく、悪くもないという感じでした。

久しぶりに長文書いていて何を言いたかったのか、自分でよく分からなくなって来たので、
ここら辺にしておきますw

長くてまとまりのない文章になってしまいましたが、
わざわざ最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

それでは皆様、今年一年お付き合頂き、ありがとうございました。
少し早いですが、良いお年を!

テーマ:日記というか、雑記というか… - ジャンル:日記

«  | ホーム |  »

サイトメニュー

Twitter


カテゴリ

楽曲公開 (17)
作曲関係 (6)
DTM関係 (4)
レッスン関係 (12)
サイト関係 (19)
その他 (8)
未分類 (0)

最新記事

プロフィール

メロ重視(旧:SSNULL)

Author:メロ重視(旧:SSNULL)
アマチュア作曲家です。
メロディーとハーモニー重視の曲を作っています。良い曲を
作る為、日々鍛錬しています。

最近作った曲の一部は以下で公開を行っています。
ニコニコ動画
YouTube

リンク集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ