2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015年の音楽活動を振り返って

年末なので自分の今年の音楽活動を振り返ってみます。
まぁ自分用のメモだったり雑談だったり専門的な話だったりしますが^^;
日記の日付と順番がずれていますが、そこは気にせずにw(12/31に更新です)


まず作曲活動の方ですが、結局今年作った曲は8曲+4曲でした。曲数としては例年と
比べれば多くて、自分にしては作ったなぁという感じです。内訳は、コラボで歌物曲5曲、
インスト曲3曲と言う感じです。+4曲というのはメロとコードだけの曲ですけどね^^;
歌物の内、1曲は昔のリメイク曲、1曲はメロとコードだけ作ってアレンジは他の方で、
残り3曲が詞先で自動伴奏的な機能を使ったりコラボしたりで作った曲です。
全体的に今年はコラボ曲が多かった印象です。まともに新規で1から全部(歌詞除く)
自分1人で作ったのはインストの3曲+先日の合唱曲のみで、そのうち2曲は一般
未公開となっていますが(1曲はピアノの発表会で弾きましたが)、準備して、来年には
発表予定です。まぁ来年もマイペースで作曲活動していくつもりですが、来年とりあえずは
何年も寝かしておいてそのままになっている、未発表の曲集を出したいと思っています。
一部ミックスし直したりする予定なので、それが完了するまで、新曲は作らないかも
しれません。なので、来年前半はしばらく曲の公開は無いと思います。


次に、ピアノの方もマイペースで続けています。今年は記憶にある範囲で初のピアノの
発表会に出て、自作曲を弾いた事が一番記憶に残っています。今後ピアノソロの曲も
色々と作って行きたい所ですね。普段は去年から引き続き、ブルグミュラー25の練習曲を
弾いていて、結局飛ばし飛ばしで自分の興味ある曲のみ弾いたのですが(25曲中15曲)、
今は最後の「貴婦人の乗馬」という曲を練習しています。ブルグミュラーの曲の中で、
この曲も有名で、人気がある曲ですね。自分もブルグミュラー25の練習曲の中で2番目に
好きな曲です。1番好きなのはアラベスク、3番目に好きなのはアヴェマリアですかね。
バッハの方もピアノ小作品集という、ピアノ(バッハ)初心者向けの楽譜の曲を去年から
引き続き弾いていて、2声までのメヌエットとかの興味ある曲は終わりました。
バッハは今の所全部で8曲弾きました。3声の曲や6つの小さなプレリュードという曲はまだ
ちょっと難しいので中断しています。ブルグミュラー終わったら、このバッハを再開するか、
次に弾きたいと思っている、古典派のソナチネアルバムの楽譜に進むかどっちか
という感じです。最近は2曲同時進行で、1カ月に2曲、1曲を約1カ月かけて仕上げるという
ペースを保って進んでいます。1日に30分も弾けていない気がしますけど(笑)あまりブログ
にも書いていませんが、ピアノ練習日記でも書こうか…まぁ3日も続かなさそうですねw


最後に、音楽理論の研究の方もマイペースで続けています。
和声は、以前書いたことがあるかどうか覚えていませんが(オィ)、相変わらずフランス
和声課題を両外声課題として行っています。フランス和声の課題も色々ありますが、
一般的にフランス和声としては最初に使われる事が多い、シャランの380の課題は
抜粋で一部のみ行って、それは数年前に終わっているので、今は色々な作者の
課題集をやったりしています。シャランは割と有名ですが、フォーシェとかとか
ギャロンとか知っている人は間違いなくその道の人でしょうw

フランス和声は時代的にもドイツ系等の古典和声より後の時代がベースで、芸大和声と
比べると、和音進行に関する規則等がゆるゆるで、あまり規則らしい規則がなく
(連続8度とかはNGだけど)、いわゆる偶成和音、弱進行とか平気で出てきます。
課題の実習がメインで、芸大和声の様に分かりやすく丁寧に解説された本はほぼないとも
言える感じですね。(自分で理論体系を作る必要があるというかなんというか)
課題によっては、いわゆる長調、短調の調性音楽の範疇から外れたような旋法的な課題
とかもあったり、意図的に短2度でぶつけたりする様な課題(の実施例)があったり
(汚いけど美しい)と、古典で慣れている自分の耳からは大分感覚的にも外れています。
まぁ全体的には一応調性の範疇で、課題(の実施例)自体は芸大和声と比べて美しいの
ですが、解く際は規則が無い分難しいですね。芸大和声は理論ガチガチでも解ける様に
作られているのに対して、フランス和声は感覚のみで解く事を求められている様に感じます。
しかしフランス和声のちょっと進んだ課題の難しさは異常過ぎだと思うのですが^^;
ドビュッシー等の出身校で、世界的にも有名な、コンセルヴァトワール、パリ音楽院の
作曲科の卒業試験の和声課題とかもあったりするので、当たり前と言えば当たり前
なのですが。(自分レベルの趣味でやっているアマチュアが解ける訳もないw)
両外声でこれだけ難しいのに、バス課題とかソプラノ課題をそのまま解ける人は
かなり凄いといつも感じています。まぁ自力で上手く解ける人は多くないので、
(ピアノ歴が長かったりでドビュッシー、ラヴェル等のフランス音楽に慣れ親しんでいる人
とかは解ける人もいるらしいです)両外声課題としてまず解いてみて、その後実施例を
弾いたりして響きを体に覚えさせるという学習方法を取ったりする事も多いみたいです。
ここ何年か少しずつやっているのですが、課題の実施例はやたらと美しいけど、
自分には古典が身に付きすぎているような気もして、正直フランス和声は身に付いて
いないなぁと感じています。クラシックは基本バロック~ロマン派ぐらいまでが好きなのが
多いので、まぁ単純に好みの問題から来ているという話もありますが、自分の作る曲は
和音進行だけを見れば、大抵が芸大和声で分析可能な範疇かなと思います。
フランス和声はそういう曲を作ろうとしないとなかなか身に付かないかもしれませんね。

次に対位法ですが、今年後半頃から対位法の研究を再開しました。昔独学でやっていた
頃は4声まで一応終わらせたつもりになっていた頃がありましたが、師に見て頂き始めた
後だと、2声まで完了して、フーガに入った頃に、気力的に続かなくて辞めてしまっていました。
ただ最近ピアノでバッハ弾いたりしているせいか、やはりバッハ、ポリフォニー音楽は
面白いなぁ、対位法やりたいなぁと感じ始めて、再開しました。今は3声の厳格対位法を
行っています。対位法も久しぶりにやっていると、面白いですね。厳格対位法は和声の様に、
いわゆる調性音楽ではなく、ある意味でクラシックよりも前の時代の音楽とも言える感じ
なので、面白さは分かる人にしか分からないかもしれませんがwまぁ一応最終的には
フーガ風な曲を書くのを目標としてやっていますが、月一ぐらいのゆっくりなペースなので、
順調に行っても書けるようになるのに後3年、4年ぐらいかかると思います。もしその頃も
順調に続けていれば、フーガまでとは行かなくても、バッハのインベンションとか、
ポリフォニー的なピアノ曲が弾ける様になっているかもですね。

ちなみに、以前は日本の音大の作曲科としては一番入るのが難しいと言われている、
国公立の東京芸術大学の作曲科(師の卒業学科ですが)の入試科目に、学習フーガを
書かせる試験があったのですが、去年か一昨年ぐらいに試験内容の見直しによって、
なくなってしまったそうです。今その代わりの試験は、厳格対位法とバッハのコラールを
書かせる科目になっているそうです。その際に、芸大のピアノ科等副科の和声の教科書
として使われてた、芸大和声の本も、「新しい和声」という本に変わったそうです。
この本は芸大和声特有の和音記号を廃止して、伝統的な数字付き低音を和音記号の
代わりに使っているそうです。ただ本自体はネット上だとかなり不評っぽいです^^;
自分も買うだけ買っておきながら、読んでいません(マテ)いやいやなかなか時間が
取れなくて^^;数字付き低音はフランス和声でも使われたりしているのですが、
個人的には芸大和声式の和音記号の方が便利だと思うんですけどね。
ちなみに芸大の作曲科の場合は芸大和声の内容が完全に終わっていて、フランス和声も
理解していないとまず入れないので、そもそも和声の教科書は使わないそうです。
芸大の作曲科は入学後、クラシック音楽の歴史上の続きである、無調・現代音楽を主に
研究する場所だと思います。美しいメロディーやハーモニーが大好きで、音楽の中で
一番重要だと思っている自分は現代音楽をやりたいとは思いませんが^^;

話が逸れましたが、まぁ音大の作曲科に受験するつもりで音楽理論の研究している訳でも
無く、趣味でやっているだけなので、マイペースにこちらも進めていこうと思います。
(やっている期間が長いだけあって、作曲の師に趣味でやっているのに作曲科の受験生より
課題が進んでいるとか、作曲科の受験生より課題の出来がいいとか言わる事もありますがw)


最近クラシックのピアノ曲弾いていたり、和声やったり対位法やったり合唱曲書いたりと、
音楽の趣味がクラシック寄り一辺倒になっているかなぁと感じています。というか自分には
こっちの方が合っているですよね、ポピュラー系より色々と。まぁ聴く方は色々と聴くのですが。

長くなりましたが、そんな感じ(?)で今年も充実した音楽活動が出来たので、
来年も無理のない範囲でマイペースに音楽活動していけたらいいなぁと思います。
最後になりますが、今年もブログを読んで頂いたり、曲を聴いて頂いたり、
コラボして頂いたりと、色々とお付き合い頂きありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします!

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ssnull.blog86.fc2.com/tb.php/72-5cdf46cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | ホーム |  »

サイトメニュー

Twitter


カテゴリ

楽曲公開 (14)
作曲関係 (5)
DTM関係 (4)
レッスン関係 (12)
サイト関係 (18)
その他 (8)
未分類 (0)

最新記事

プロフィール

メロ重視(旧:SSNULL)

Author:メロ重視(旧:SSNULL)
アマチュア作曲家です。
メロディーとハーモニー重視の曲を作っています。良い曲を
作る為、日々鍛錬しています。

最近作った曲の一部は以下で公開を行っています。
ニコニコ動画
YouTube

リンク集

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。